NC Muro(エヌシー ムロ)の制作ブログ

    小さな会社の 48歳 中堅社員が、町工場的な企業ブログを綴っていきます

    08<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

    ランキングに参加しました

     訪問して頂き有難うございます
    その上、クリックまでして頂いて   「NC Muro」と「恐竜君」は                     調子に乗って日増しに                      おかしくなって                                 しまうのでした。                                        にほんブログ村 企業ブログ 木材・紙・印刷(製造業)へ
    にほんブログ村                                                                                                              1つずつ押してもらうと                                                      効果テキメンです。

    FC2カウンター

           あなたは
           人目のお客様です     2011年10月05日にリセットしました

    QRコード

    QR

    カレンダー

    08 | 2017/03 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ロックファイブ 小岩店

    ご案内    当ブログ内の記事を整理分類しました。ここから、お好みの記事をお探し下さい。
     

    A 「社内の出来事」の記事     年齢性別問わず、大好評のシリーズです。是非一度、ご覧下さい。
    B 「上記以外の日記」の記事    NC Muro の身の回りに起こった出来事等 ざっくばらんです。
    C 恐竜骨格模型「恐竜君」の記事  当ブログのマスコットキャラクター「恐竜君」の制作過程のノウハウ。
    D 「NCルーター加工」の記事   ここが企業ブログとしての真骨頂。NC Muro のお仕事の紹介です。
    E 「上記以外の仕事」の記事    NC Muro は、こんなお仕事までやっていますよ。
    F 「ご挨拶・お知らせ」の記事   文字通り、ご挨拶 と お知らせ です。
    G 相互リンク と ブロとも について 相互リンク と ブロとも を希望される方は、内容をご確認下さい。
    H これらの分類に関係なく、最新記事については、この下に表示されていない場合は、
      左の「最新記事(上ほど新しい)」のプラグインから選択して下さい。


    本文開始 (この記事は上のご案内E 「上記以外の仕事」の記事 に分類されます)



    今までしばらくの間 内装工事の応援をちょくちょく手伝ったりしていましたが、
    どれもみな パチンコ店・スロット店ばかりでした。
    これらの様子を何回かに渡り順次報告していきますが、初回はこの現場です。



    ロックファイブ小岩店 の内装工事


    前にも記事で触れましたが、ロックファイブ小岩店 の内装工事は
    途中から突如として完全に任されました。
    現場を 任されるようになった経緯については
    6月1日の記事「ブログ活動停止してしまってスイマセン」(リンク済み)
    を参照して下さい。
    工事の途中経過については
    6月21日の記事「オープン日っていつ?」(リンク済み)
    に少しだけ触れております。


    もともと 内装工事を専門でやった経験は無い上に、仕事を完全に任されたとなると
    なかなか写真撮影を悠長にしている余裕が無いのですが、
    それでも工事の終盤になって終わりが近づいてくると
    わずかばかりの心の余裕が生まれて何枚かは撮影することができました。
    今回ご紹介する写真の撮影時期は、
    時間的に前後してしまったものが混在していますが、ご容赦下さい。


    398
    JR小岩駅 北口 イトーヨーカドーの横にある
    スロット専門店 ロックファイブ小岩店



    399
    夜の様子
    前出の日中の写真よりも撮影日が早かった為 シートが張られておりません
    (歩道に近い部分)



    前出の2枚の写真を見比べると 撮影時期がずれているので、
    夜の方は 歩道に近い部分の看板のようなシートが張られていません。
    それにしても、昼と夜では随分と雰囲気が違うものですネ


    400
    ロックファイブ小岩店は地下1階にあるので降りる階段の入口に看板がある


    403
    入口を入ると地下に下りる階段が続きます
    工事途中の写真ですが、壁が真っ白です



    ここでこの階段室(カイダンシツ)の壁にご注目下さい。
    この部分の壁については、もともと黄色かったものを白く塗り替えるというものでした。
    実際の現場の拡大写真は無いのですが、この壁は平らものではなくて、
    元から細かい凹凸があったのです。
    正確な材料の名称は NC Muro は分からないのですが、
    左官の材料の一種の櫛引仕上げ(クシビキシアゲ)です。


    411
    左官の櫛引仕上げ(クシビキシアゲ)の参考写真
    画像はお借りしました



    お借りした画像ですが、櫛引仕上げとはこんな感じです。
    階段室はこのような感じで一面覆われていました。
    そして引き継いだ時には既に一面、白く塗装されていました。


    ところがです。
    この壁の1箇所だけ、それも目立つ位置にえぐれた跡が残っていました。
    それはこの現場の前借主である「SLOT WORLD」様のカルプ文字を撤去する際に、
    接着剤をはがした跡が「SLOT WORLD」と明瞭にわかってしまったのです。
    ちなみにカルプ文字とはこのようなものです。


    412
    カルプ文字
    これも画像はお借りしました



    このカルプ文字のえぐれた跡を、
    もとの櫛引仕上げのように戻すのは大変困難なことなのです。
    一度はがしてやり替えるというのも選択肢のひとつではありますが、
    この凹凸模様はカルプ文字周辺の一部分だけやり直せば、
    そこだけ周りとの感じが違って分かってしまいます。
    それぐらい微妙なものです。
    やるとしたら全面やる以外にありません。
    そうしたら、今度は大幅に余分なコストがかかってしまいます。


    ですので本当に細かい作業になりますが、えぐれた跡だけに限定して手を加えて、
    周りの凹凸と合わせるのがいいと判断したのです。
    こういうのが得意そうだな~という職種の職人さんもいることはいます。
    そういう人に頼るのも選択肢としてありましたが、
    ここは NC Muro がチャレンジすることにしました。


    地道な努力の結果、見事に文字の跡は消すことができました
    一面真っ白な きれいな櫛引模様が見事に復活したのです。
    しかし、想像以上に難易度は高く、述べ4日間もかかってしまいました
    しかし残念ながら、その時の写真がありません。
    あるのはこれだけです。






































    ジャーーーーーン





    401
    地下へ下りる階段の階段室の左手のシート


    NC Muro の工事が落ち着いてから オープンまでの間に、
    お店の方が独自に業者を手配して、階段室の壁一面に一度板を全面的に貼って、
    その上から真っ赤なデザインシートを貼ってしまっていたのでした。

    NC Muro が苦労を重ねて文字跡を消した部分は、
    写真のほぼど真ん中に写っている辺りです。


    真っ赤なシートの下敷きになっているのです!



    何ということでしょうか!



    こんな風になるのなら、あんなに真剣に手を加えることは無かったなと思うのですが、
    工事は完全にきれいな状態で一度引き渡す事が前提ですので、いたし方ありません。
    しかし、苦労が報われなかった無力感に
    頭のてっぺんまでどっぷりと浸かってしまったと気付くと
    ひたすら笑うことだけしかできませんでした。





     ハ       ハ       ハ       ハ      ハ ・・・



    しばし沈黙・・・・・












































    え~と   次に行きます。




    405
    階段を降り切ったところが風除室(ふうじょしつ)


    406
    風除室から自動ドアを開けて店内に入ったところが景品カウンター


    407
    店内にはスロット台がずらりと並ぶ


    409
    男子トイレ


    トイレも面積が狭い割りに多数の専門業者が関係する場所ですので
    ちょっと苦労する場所です。
    反面、監督っプリが発揮される場所でもあるわけです。
    いろいろありましたが、何とかまとまりましたョ




    実際にオープンしたのは、8月2日(木)のことでした。
    警察署の検査が6月12日(火)でしたので
    実に検査からオープンまで51日間も要しています。
    それだけ厳しいようですね。


    オープン日は本格的にほぼ全ての設備が稼動する状態ですので、
    万が一のトラブルに備えて念のために待機します。
    実際にオープンするまでは パチンコ店・スロット店特有のけたたましい騒音になるまで
    機械や設備類を一斉に稼動する事は無いので、予期せぬトラブルが発生し易いからです。
    とはいってもオープン開始から1~2時間ほど様子を見て、
    問題が無さそうであればその場は立ち去りますが・・・


    ロックファイブ小岩店のオープンは 大盛況でした。
    満席と言えるほど席は埋め尽くされていました。
    1台1台のスロット台の音で、
    ただでさえ大音量のBGMも館内放送も聞き取れないぐらいでした。

    自分が手掛けたお店が盛況だと、なんだか自分も嬉しくなるものです。


    しばらく様子を見ていましたが、特段トラブルなどは一切発生しませんでした。
    こうしてめでたくオープンを成功に終わらせる一助になる事ができたのです。
    これもSさんの段取りが良かったから NC Muro 一人でも何とかできました。


    ありがと~ Sさん!


    (その後Sさんは次第に回復して、現在ではすっかり元通りになりましたョ)


               
    本文終了



          たび
      ポチの度、
      「NC Muro」と
      「恐竜君」
      感 極まって→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→コスプレダンス  
      にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
      にほんブログ村  にほんエヌシー村(ムロ) ←オヤジ丸出し

      1つポチ
      2つポチして
      いい笑顔  
      

    COMMENT▼

    No Subject

    櫛引仕上げは知りませんでした♪

    自分の家も多少は工事とか大工仕事とかするので、
    櫛引仕上げを一部だけするのは大変だと思いましたが、
    せっかくコストを掛けずに頑張ったのに、上から貼られてしまうと無念な感じがしますよね><

    やはり大きな工事になると色々な業者さんが後から後から来る、
    と言う感じも伺えました。

    しかし、Sさんが元気になったのは嬉しい事ですよね♪

    いさばやさんへ

    実は 左官に関してはそれほど詳しくなくて、材料まではまわからないのですが、櫛引仕上げについては たまたま知っていたので紹介しました。

    櫛引仕上げの修正方法は、左官屋さんがやり直すような方法ではなくて、以前紹介した「エイジング屋さん」が補修をするような手法で行いました。
    エイジング屋さんは、色彩で古めかしくするだけではなくて、美術系の技能者集団なので、櫛引仕上げの凹凸を左官以外の材料でそれらしく再現してしまうこともできてしまいます。
    今回 NC Muro はその真似事をしてみたのですョ

    後からシートを貼ったのは、今回の大きな工事とは全く別に、施主様であるお店の方が知っている業者さんに頼んだようです。
    実際には、オープンまでにありとあらゆる部分が「にぎやかな」シート貼りになっていたり、店内の飾りつけが施されていました。

    Sさんはもうピンピンしていますョ

    No Subject

    櫛引仕上げの補修大変でしたね。
    しかもステッカーで隠れちゃうとか
    お気持ちお察しします(T_T)

    でも見事に監督さんもこなされて流石です!
    お疲れ様でした<(_ _)>

    なをさんへ

    櫛引仕上げの補修は、ちょっと背伸びをしてみて挑戦してみました。
    「SLOT WORLD」の文字跡ですので、9文字分で 1文字の大きさが150mm程度でしたので、先は見えているなと思ったのです。
    とはいっても、取り掛かる前から 簡単な作業では無いとは思っていました。
    正直、3日かければ終わるだろうと思ったのですが、実際には4日間費やしてしまいました。
    画像で見る大まかな縞模様だけでなくて、細かく見るとさらに小さい粒々がまんべんなく広がっていたからです。
    ですので、周囲の感じと同調させるのが苦労しました。

    工事は無事に終わりました。
    Sさんのおかげです。
    工事前半は、一般の人にはあまりぱっとしないような地味な工事が続きますが、その段階での成否が後になって必ず表面化してくるからです。
    その期間をSさんが きっちりと見ていてくれていて、しかもその後の段取りも あらかじめ綿密に各専門施工業者様と打合せしていてくれていたので、実にスムーズに工事が進行したのです。
    NC Muro は突然担当することになって、最初は本当に何もかも全く分からなかったのですが、各専門業者様がSさんとの打ち合わせどおりに勝手に工事が進行して行った感があります。
    ですので不在でも実質的にはSさんが監督をしていたんだとさえ、思っています。
    お褒めのお言葉はSさんに伝えておきますネ

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    TRACKBACK▼

    http://ncmuro.blog.fc2.com/tb.php/60-88787ff6

    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

     | ホーム | 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。